FC2ブログ

いま思うこと。

おはようございます(書きあがる頃にはこんにちはの時間になってるかもですが)

前回ブログを書いてから、色々考えることがありブログを消して
ほんとにお前ブレ過ぎだろ何なのって自分でも思ったんですけど
思うことを正直に書いてみようと思います。

ブログを消したのは「いい子」で居ようとする自分に嫌気がさしたからっていうのが
いちばん大きいかなと思っています。
自分がまずどう思っているかよりも「どう思われたいか」が勝ってしまうという
私の性格の一番歪んでいるところが出たかなと。長女なので(関係ない)
推しの卒業を受け止められない、出来ればまだそばにいてほしい
そのことを考え始めると情緒不安定になる
そんな感じがたっぷり二週間くらい続きました。長い。
正直いまでも、5月以降「自分はこんな風にいるんだ」って
言い切れないところがあるので、そのあたりのところを
おりこうさんな感じで言い切っていたブログは嘘つきになるのでいったん消しました。
私にとってさゆみちゃんは最高で最強の自慢の推しで
さゆみちゃんが居なくなった世界が想像出来なくて
いまでもまだ迷子みたいなもんなんですけど
でも、いまは迷いつつも前を向いています。

前を向くきっかけをくれたのは、他でもないさゆみちゃん本人からの言葉でした。

混乱してたのでうっすら覚えてる感じですが
サウンドクルーの特典会で会話できたときにかけてもらった言葉だったり
直近なら、昨日更新されたブログの最後の文面を読んで
いまの私に出来ることは、残された日々をただ鬱々と通り過ぎるようなことではなくて
さゆみちゃんが輝いているこれからの日々をひとつでも多く目に焼き付けて
毎日を全力で「楽しむ」ことなのかなと気づかされたんです。

いまは4月29日までの日々を楽しむ気満々だし
時々泣いちゃうこともあるかもしれないけど、それ以上にいっぱい笑って
さゆみちゃんと過ごす日々を素敵なものにしたいなって思っています。
これはかっこつけてない正直な気持ちです。

そして「推し増し」ですが
これについては嘘は言ってません。本当に去年の夏くらいから
ちょっとずつ思ってました。
土曜日にサウンドクルー以来に会えたときに、推し増す本人には
「推すからねー」って伝えました。
言うタイミングがタイミング過ぎるし、ミルクス界隈じゃない他界隈のおともだちさんには
「紫の推しがいなくなる保険ですか?」って言われたりもしたんですけど
それは全力で否定したい。

私はDDなので「この子カワイイ!この子好き!」は呼吸をするように発するんですけど(笑)
「推しになるね」は本当に特別な子にしか絶対言わないし
言ってから「やっぱり違った」ってモチベが無くなるみたいなことがあるなら
そんな残酷なことってないと思うから、基本的に1年くらい何も言わないで黙ってみてるんです。
(一目惚れして即推し増ししたさゆみちゃんは異例パターン)
それでやっぱりモチベ下がって言わないまま通り過ぎた子もすごいいっぱい居るんですけど
今回伝えた子は生き残りました。
「推す」と決めたからには全力で推すし、さゆみちゃんと比べることは絶対出来ないけど
いままでさゆみちゃんに注いできた愛と同じくらいの愛を注ごうと思ってます(キモヲタボイス)
愛の量を二分して注ぐのではなくて
同じ量を二人にちゃんと注げるぞって思ったから「増した」んです。
先日のミニTIFで二人分コールしてみたら喉が死んだので
そこはちょっと考えますが(笑)

先にも書いた通り私はいま現在進行形で迷子なうなので
未来がどうなるかっていうのは絶対の約束は出来ないから
そこは手紙を書いて正直に伝えたんですけど
しばらくは紫とピンクの二刀流で過ごそうと思ってます。

新しい推しちゃんのどんなところが好きで
何をもって「この子推しになろう」って決めたのかは
いままで私のブログをひとつでも読んで下さった方は分かると思うんですけど
前後編に分けて書けるくらいものすごく長いので
(なにせ1年かけて推せるポイントを見つけて貯めに貯めてたから)
また別記事にして書こうと思います。

とりあえずいまの気持ちとしてはそんな感じです。

またブログ書きます。
4月までは突然記事消したりとか、ちょっと弱音吐いたりとか
そういうのもきっとあるし
読んでて必ずしも楽しいものではないと思うんですけど
よろしければたまに読んでやってください。

あ、それから
気持ちを整理するための手段として
これまでのヲタクとして生きてきた日々を、文章にしてみることにしました。
いま下書きしてますが、推敲してどこかにアップロード出来るまでになるまでには
1年2年くらいかかるかな…(長い)
こちらの実況もちょこちょこしますね(笑)

ではでは、また。
スポンサーサイト

コメント

Secret

僕のいま思うこと

お疲れ様です。
ブログ読ませて頂きました。
素直な気持ちが書かれていて、とても良いと思いました。
僕もるうさんになら自分の気持ちが聞いてもらえるかと思い、コメント書かせて頂きますね。
少々長くなりそうですが読んでやってくれると嬉しいです。

さゆ(本人に呼んでる呼び方で書きます)の卒業については、僕も男のくせにいっぱい泣いたし、何日かは何をしてても手につかない感じでした。
4/29以降のさゆに会えなくなる日々は考えられないですが、今はそれまでの日々、会える時間を全力で楽しんで最高を更新する事だけ考えるようにしています。
卒業発表後に書いた手紙も渡しましたが、僕の悲しい気持ちをしっかり理解してくれた上で「これからもかっちゃんをいっぱい楽しませて、さゆみを推して良かったって思わせる」と言ってくれました。
あの子は楽しいだけじゃなく、こっちが辛い時やキツイ時はしっかり気持ちに寄り添ってくれるし、そういうところが僕が本気で推せるところだと思います。
なので、4/29が近づいてくると寂しさが勝ってしまう事もあると思いますが、今は前だけ向いていようと思います。

多分この辺りはるうさんや、他の熱心なさゆ推しの人も同じような感じだと思います。
4/29以降については、人それぞれの考え方があると思います。
さゆと一緒に卒業する事も少しは考えたけど、きっとそれはしません。
最初はミルクス現場に行っても、それまで当たり前にさゆが居た場所に居ないという現実がかなり辛いと思います。
でもあの子は誰よりも自分が卒業した後のミルクスの事を考えてると思うし、自分の卒業でミルクス人が減る事は悲しむと思います。
僕もさゆが6年間大事にしてきたミルクスをこれからも微力ながら応援出来たらと思います。
そして、僕はミルクス以外で定期的に行ってるような現場も無いし今更他に行く気は無いので、多分4/29以降にポッカリ空いた心の穴を埋めてくれるのは、やっぱりミルクスちゃん達しかいないんじゃないかと思うからです。

「推し」については、当分の間は箱推しだと思います。
僕はさゆの次にライブでよく見てて、可愛いな、好きだなって思うのは乃愛ちゃんです。
これは本人にも生誕祭くらいに伝えています。
僕にとっての「推し」は特別な物であり、今までにカワイイと思うアイドルは沢山いるけど「推し」と言えるのは広島のグループを卒業した子とさゆの2人だけなんです。
多分僕にとっての「推し」はイコール「がち恋」であり「会ってる時に楽しい」だけじゃなく「会えないと寂しい」存在だと思います。
乃愛ちゃんは可愛いし、パフォーマンスも好きだし、話しても楽しいし、普通ならもちろん「推し」に相応しい素晴らしいアイドルだと思います。
でもすぐに「推し」という事にすると、自分の中で無意識にさゆと比べてしまったり「こんな時にさゆだったらこう言ってくれた」って思ってしまいそうで、そんなんじゃ乃愛ちゃんに申し訳ないし、自分が嫌になりそうだから「乃愛推し」になるのはもう少し時間をかけて行こうと思います。
4/29以降は当面は「乃愛寄りの箱推し」って感じで(笑)
それで、もっとこの子を本気で応援したいって気持ちが固まってきたら推し宣言したいと思います。
こんな事言ってて、意外と早々と黄色いTシャツとか着てたら笑ってやって下さい(笑)

まぁ僕の場合はいつまで北海道に居られるかっていうのもあるんで、そっちの不安も常にあるけど、そのグループや推しメンが好きならどこに居ても応援出来ますからね。
めっちゃ長文になってしまいましたが、僕の今の気持ちはこんな感じです。
また現場で会ったらよろしくお願いします。
プロフィール

ruponmirusayu

Author:ruponmirusayu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR